オープンケア協同組合 外国人特定技能/特定技能実習生

特定技能/特定技能実習生

お電話でのお問い合わせは下記よりお願いします。

06-6265-0606
オープンケア協同組合

外国人材の活用を支援します。

オープンケア
協同組合

特定技能

技能実習生

外国人の特定技能、

技能実習生の受け入れは、

オープンケアにお任せください。

今、日本では少子高齢化の影響により
「働き手」が継続的に不足している背景があり、
2025年には、1,455,000人の労働人口が不足すると言われています。
一方、東南アジアに目を向けると若く、海外での就労を希望し
高度スキルを持った人材がどんどん増加しています。
これからの日本において外国人人材の受け入れは、貴重な採用ルートとなり、
避けて通れない道になるかと想定されますが、
長らく国内だけで完結をしていた日本企業様においては、
わからない、知らないことによる誤解や、不安も多くあると思います。
オープンケア協同組合では、企業様のニーズを十分に把握し、
外国人就労が円滑に進むようサポートをさせていただきます。

外国人の就労について

特定技能とは

「特定技能」とは、日本の深刻な人手不足に対応するために厚生労働省が定める「相当程度の知識又は経験を必要とする技能」と認められる業務に外国人雇用ができる制度です。特定技能には、「特定技能1号」「特定技能2号」で別れており、雇用できる期間等が異なります。

特定技能で雇用ができる産業分野

介護職/ビルクリーニング業/素形材産業/産業機械製造業/電気・電子情報関連産業/建設業/造船・舶用工業/自動車整備業/航空業/宿泊業/農業/漁業/飲食料品製造業/外食業

技能実習とは

技能実習制度の目的・趣旨は、日本の技能、技術、知識を開発途上地域へ移転して開発途上地域の経済発展を担う「人づくり」に寄与するという「国際協力の推進」です。特定技能との相違点は、上記の目的が異なる点ですが、もう一つの大きな違いは、対応職種・作業の種類がこの技能実習では圧倒的に多いという点です。対応職種・作業は82職種146作業あるため、特定技能では対応できない分野の業界でも外国人材を受け入れることができます。

オープンケアができること

オープンケアでは、外国人材のを支援するため、「特定技能」「技能実習」の受け入れ事業を行なっております。特に技能実習については、採用から日本企業での就労まで平均7ヶ月程度かかり、その間も行わなければならない工程がいくつもあります。受け入れる企業様側、来日される外国人就労者の双方が不安なく日本で働けるようにするため、準備教育、在留資格手続、入国、実習期間中の生活管理までをオープンケアで支援いたします。