オープンケア協同組合 外国人特定技能/特定技能実習生

特定技能/特定技能実習生

お電話でのお問い合わせは下記よりお願いします。

06-6265-0606

取り組み

技能実習生受入事業


技能実習生制度とは、日本の企業が外国より人材を実習生として受け入れ、実際の業務を通じて、技術や技能、知識を学び、帰国後、その習得した技術等を経済発展に役立てる制度です。技術移転を目的としたこの制度にて、企業は雇用契約を結び、3年間*の実習を行います。我々は技能実習生の監理団体であり、人選から面接、準備教育、在留資格手続、入国、生活管理などを一括して行っております。 *期間は業種により異なる場合があります。

ワンストップ相談窓口事業


介護事業所では様々な問題がでます。オープンケア協同組合では将来起こりうる問題を分析研究し、様々な問題ケースに対応できるように相談窓口を設置しています。人材、マネージメント、労務、助成金、セミナーなど、組合員のための相談窓口です。

人材教育事業


事業安定や人材育成を目的とし、セミナーを通じて、教育を行っています。従業員、経営者、初任者研修など必要な教育を組合員に提供しています。

共同購買事業


組合員の需要がある医療、介護、福祉に係る日用品、衛生用品、消耗品を共同購買することで、経費をおさえることができます。